ゴルフクラブの特徴について、その種類や役割、飛距離などの情報を交えながら、説明いたします。

ゴルフを始める女性が急増しています
ゴルフを始める女性が急増しています
ゴルフを始める女性が急増しています

ゴルフクラブの特徴について

ゴルフクラブの特徴について、種類や役割、飛距離などの情報を交えながら、説明いたします。ゴルフは一般的に敷居が高いスポーツとされていますが、その理由としてゴルフクラブの種類や揃え方、役割が分からないということが挙げられます。基本的にゴルフという競技において、クラブを使用できるのは14本であり、それぞれ用途が分かれています。大別するとウッド、アイアン、ウェッジ、パターがあり、ウッドは3本から4本、アイアンは8本から9本、ウェッジはサンドウェッジとも呼ばれ、バンカーショットに用いるので1本、パターで1本という組み合わせが多いです。クラブの基本としては、長いクラブはその遠心力を利用して、長い飛距離を出すためのクラブであり、ウッドの役割となり、ドライバーとも呼ばれています。

アイアンは長い飛距離を飛ばすためではなく、小刻みに距離を稼ぎたい時に使用するクラブであり、数字が小さいほど、出せる飛距離が大きくなります。パターとは主にグリーンでカップにインするために使用するクラブであり、形状にも種類があります。その他のクラブとしてはウッドとアイアンの中間的な役割ん持たせたユーティリティクラブという種類も、販売されており、初心者にも使いやすいクラブとなっています。クラブのセットには初心者用のものが売られていたり、オークションなどでも出品されていますので、費用を抑えて購入することも可能です。

Recommend

Copyright (C)2018ゴルフを始める女性が急増しています.All rights reserved.